豊胸手術について知ろう|美しいボディが手に入る

ドクター

バッグの種類と相場価格

美容整形

豊胸手術の中にはバッグプロテーゼ挿入法があります。これに使うバッグはいろいろなものがありますが、コヒーシブシリコンバッグやクリスタルバッグがあります。なお、豊胸手術には保険が適用されないので相場価格を知ることはとても大切です。

View Detail

特徴とメリット

ボディー

脂肪注入法という豊胸手術は種類が多いので、そのため価格幅も大きいです。しかしながら、非常に多くのメリットがあります。ダウンタイムが短いですし、メスを入れませんし、傷跡も残りません。脂肪の定着率も高いので理想のバストを手に入れやすいです。

View Detail

CMCバッグと料金体系

カウンセリング

バッグプロテーゼ挿入法という豊胸手術は専用のバッグを胸に挿入するのですが、バッグの種類はさまざまです。そのひとつにCMCバッグというものがあります。また、料金はバッグに応じて異なります。価格幅が大きいのでクリニックに行く前に調べましょう。

View Detail

バックプロテーゼ挿入法

胸

高い人気の理由

昔から豊胸手術というとバッグプロテーゼ挿入法が挙げられます。現在においても高い人気がありますが、その理由は持続性の高さです。近年非常に注目を集めている脂肪注入法などの注入法は持続期間が1年から長くても3年程度しか持続しません。それに対してバッグプロテーゼ挿入法は持続力が極めて強いのです。1回あたりの費用は高いですが、その分持続力があるので、そうした意味では非常にリーズナブルといえるでしょう。また、自身の希望通りの形にすることができることも魅力の一つです。これを可能にするのが挿入するバッグの種類の豊富さです。食塩水バッグやシリコンバッグがかつては主流でしたが、現在においてはコヒーシブシリコンバッグやメモリージェルバッグなどが登場して豊胸手術の幅が広がっています。

バッグの種類と特徴

豊胸手術のひとつであるバックプロテーゼ挿入法で使われるバッグの種類は、いろいろとあります。従来から使われている食塩水バッグの特徴は、水分タイプなので、もしバッグが何らかの原因で破れてしまったとしても体内に吸収されて尿として排出されます。そのため、安心して使用することができます。また、最近登場してきたバッグのひとつにバイオセルバッグというものがあります。この特徴はシリコンジェルを複数構造のバッグの中に入れたものです。複数構造を持っているので破れても中身が体内に流れることはありません。このようにバッグはいろいろとあるのですが、形という観点で分類すると3つに分類されます。おわん型、釣鐘型、左右非対称型の3つです。どのような形にしたいかでどれを選ぶかが決まります。豊胸手術を受けるときは事前に調べてからクリニックに行きましょう。